化石サンゴカルシウム

乳酸菌を活性化させる化石サンゴカルシウム

実験の概要


乳酸菌原料の製造会社の実験結果によるものです。 KT-11HPという乳酸菌に対し、化石サンゴカルシウムを使用したら、乳酸菌KT-11HPの免疫細胞活性化能力に影響があるか? という実験が行われました。
サイトカイン:インターロイキン12(IL-12)の産生誘導能評価により試験されました。

試験方法

細胞は、マクロファージ細胞が使用されました。 マクロファージ細胞をマイクロプレートに分注し、サンプルを添加して培養した後で、産生されたIL-12の量をELISAにより測定されました。

試験結果

化石サンゴカルシウムとKT-11HPを併用すると、最も高いIL-12の産生が確認されました。
IL-12は、免疫細胞が産生し、 免疫賦活や抗アレルギ一作用を導くサイトカインです。 IL-12は生体の免疫力を司るNK細胞を活性化し、免疫力を高めます。 さらに、IL-12は抗アレルギ一作用を導く Th1細胞を活性化し、アレルギ一症状の緩和に貢献しています。本試験において、化石サンゴカルシウムとKT-11HPを併用した場合でのIL-12の産生量が高まることが分かりました。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

インターネットからのご注文は年中無休、24時間受付です。

ページトップへ