化石サンゴカルシウム

冬場のカルシウム摂取

すっかり冬本番で寒い日が続きますね。
しかも空気が乾燥していて、のどがガラガラしてます。

寒いと外出も億劫になってしまい、ついつい建物内に閉じこもる時間が長くなってしまいます。

暖房を付けた室内は、ことさらに空気が乾燥してしまいます。

冬がやってくると流行るのが風邪やインフルエンザですね。

冬になると何故インフルエンザが流行るのでしょうか?

空気が乾燥すると、ウィルスが飛散しやすい。
空気が乾燥すると、粘膜がもつウィルスを止める機能が低下する
ということが主な原因だそうです。

空気の乾燥がインフルエンザ流行の大きな要因のようです。

さて、体内にウィルスが入ってしまった場合は、免疫機能が働きます。

このとき、免疫機能が働き出すきっかけとなるのがカルシウムイオンです。

細胞内のカルシウム濃度が上がることをトリガーにして、菌やウィルスの侵入を検知し、免疫機能が稼働します。

なお、血液中に十分なカルシウムがないと、この検出機能が働かない可能性があります。
十分なカルシウムの摂取にご配慮下さい。

また、カルシウムの吸収促進には、日に当たってビタミンDを体内に作ることが一番です。

私も運動も兼ねて、新鮮な空気を吸いに、なるべく外出するようにしたいと思います。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

インターネットからのご注文は年中無休、24時間受付です。

ページトップへ